成績の悪い中学生のテスト結果を3倍に上げる究極の学習法

勉強嫌いの中学生が毎日80点取る事が出来る学習法

▼MENU

中学生で成績が良い生徒と成績が悪い生徒の違い

中学生で成績が良い生徒と成績が悪い生徒の違い



中学生で成績が良い生徒と成績が悪い生徒との違いは
正しい勉強法を知っているかしらないかにあります。


つまり、頭が良いとか悪いとかの問題ではなく
テストなどの対策一つにしても全く違いがあります。



成績が悪い生徒の9割は正しい勉強法を知らないことが多く
テスト前に、がむしゃらに勉強をしていることが多く
重要な部分を、ほとんど勉強をしていないことがよくあるようです。

その結果、テストに出題される重要な問題を時間をかけて学習をしてないため
テストでは思った程よい点数が取れないという結果となります。



成績が良い生徒というのは、学校の授業で先生が話す説明から
テストに出る重要部分を推測することが出来たりしていることが多いです。

成績が悪い生徒の場合は、先生の説明の中で
一体どこが重要なポイントなのか線引きが出来ていないので
テストに出る可能性の低い問題まで時間をかけて学習をすることになります。



その結果、頑張って覚えた問題が余り出ていないために
悪い点数をとってしまうということになります。

成績の悪い生徒と成績が良い生徒の明らかな違いは
復習の仕方にもあります。


成績の良い生徒というのは、テストが終わったとしても
テスト直しをしたりして、定期的に復習をしていることが多いです。

成績が悪い生徒は、まず勉強のやり方などを身につけて
テストでも結果を出しやすい復習の仕方を身につけていけば
勉強が出来ない生徒も成績がぐんぐん伸びていくことは間違いないでしょう。



また、勉強ができるようになると「次も頑張ろう」と思うようになり
更に成績がアップしていきます。

ただ、良い結果が出ない場合は「勉強しても同じだよ」と
やる前から諦めてしまい、どんどん授業についていくことができなくなり
成績もドンドン落ちていくという悪循環につながります。



ディレクト総合教育センターの教材では
成績が悪い生徒でも正しい学習法を
身につけることができる構成になっているので
成績が上がりやすくなります。

テストで良い結果が出ないと悩んでいるなら
ディレクト総合教育センターをお勧めします。


結果が出るテスト対策問題集はこちら!


メニュー

カテゴリー

ディレクト総合教育センターの口コミ

ディレクト総合教育センターと比較

ディレクト総合教育センターの特徴

子供のやる気を引き出す方法

成績が上がりやすい勉強法

PR